Kopi Luwak  (コピ・ルアク)

ども。マイスターです。

 

先日、大変珍しいコーヒーを飲む機会がありました。

「Kopi Luwak」(コピ・ルアク)

パッケージの動物、なんだかわかります?

「ジャコウネコ」です。

コピ・ルアクは 「ジャコウネコの糞」 から採れるコーヒー豆。

ジャコウネコが、コーヒーの実を食べ
種であるコーヒー豆は消化されず
排泄され・・・
(食事中の方、ごめんなさい)
排泄物の中から取り出したコーヒー豆

それが、「コピ・ルアク」 です。

ジャコウネコの消化酵素の影響で
美味しくなるといわれています。

とても貴重な豆なので
高値で取引されている豆なのですって。

 

さて、飲んでみましょう。

今回はコーヒープレスで、抽出をしてみました。

コーヒーの余韻が長く続きます。

インドネシア産の豆らしい味です。

 

そういえば、映画「かもめ食堂」にも
登場してましたね。

主人公が「コピ・ルアック」と
コーヒーを美味しくするおまじないを唱えていました。

 

ごちそうさまでした。

長崎のコーヒー

マイスター(オーナー)の出身地 長崎は
「コーヒー伝来の地」だそうです。

その長崎で、日本初の観光コーヒー園と
その敷地内でレストランを経営なさっている
「長崎スコーコーヒーパーク」さんに行ってきました。

 

お伺いした時は、ちょうど豆を焙煎している最中でした。

社長の中島さん。とても気さくな方です。

 焙煎を間近で見せていただきました。いい香り~。

焙煎の工程を見せていただいた後、コーヒー園へ。 

大きな温室の中に
たくさんのコーヒーの木が栽培されています。

この赤い実がコーヒーの実。
これはなんという種類でしょう?
「エチオピア原産のアラビカ種ですね。」とマイスター。

黄色い実もありました。
「これはイエローブルボン!写真撮っておいて~」
・・・と、興奮気味のマイスター。

上のほうには、パパイヤの実も。
マイスター、パパイヤですよ~。
「・・・。」
ムシかよ。コーヒー以外は興味ないようです。

奥様からも、コーヒーについて
いろいろお話をお聞きしました。

その後、レストラン「スコーズ」へ。

アンティークのコーヒー器具やカップなど
貴重な品々が展示されています。

スコーズさんのコーヒーをいただきながら
中島社長さんとお話をさせていただきました。

中島さま
お忙しい中、いろいろお話を聞かせてくださって
ありがとうございました。

 

今回、コーヒーの苗木をわけていただき
群馬まで持って帰ってきました。
コーヒーの木

 元気に育って、いつかコーヒーの実をつけてね!!

コーヒー教室 始まりました

コーヒーマイスターによるコーヒー教室

第一回目を開催しました!

 

基礎知識についての講義を行ってから

ドリップの実習。

 

そして、アレンジコーヒーのご紹介と実習。

今回は「アイリッシュペンナー」

 

最後に、コーヒーと共に餉特性スイーツを。

今回のお菓子は、「ガトー・オ・ショコラ・ド・ナンシー」
香ばしいチョコレートケーキはコーヒーとの相性ピッタリ。

 

コーヒーの淹れ方や知識で

毎日のコーヒータイムが

より楽しく美味しい時間になります!

 

来月から「エスプレッソコース」も開催予定です。

こちらも、ぜひご参加ください。

 

お疲れ様でした!!