モリベジさんと収穫祭やります!

SONY DSC

いつも新鮮なお野菜を届けていただいている

モリベジさんの畑で、収穫祭を開催します!!

 

日 程  :10月29日(日) 10:00am~

場 所  :みどり市笠懸町 モリベジさん畑 ※詳しい場所は参加される方にお知らせします

参加資格:キッチン餉メイトさん本人、ご家族、ご友人

参加費  :大人1,500円、子供500円

内 容  :野菜の収穫体験(希望者のみ)、収穫した野菜を食しながらの歓談 など

その他  :長靴(収穫したい方)、イス(座りたい方)、飲み物(飲みたい方)は、各自持参

申し込み :メール、LINE、口頭 等で、10月15日までにご連絡ください

 

勝沼 ワインの旅

秋晴れの週末、メイトさんに誘っていただき
勝沼に行ってきました!!

SONY DSC

 

目指すは、「ぶどうの丘」

 

その前に、気になるワイナリーを訪問してきました。

こちらは、「ルミエール」さん
SONY DSCSONY DSC

 

「勝沼醸造」さん
SONY DSC

 

「イケダ・ワイナリー」さん
SONY DSC

看板ワンの「エマちゃん」!!

SONY DSC

出迎えてくれて、ワシャワシャもさせてくれて
すっごく可愛い~!!

オーナーは、「にゃ~」と猫語で会話してました。
なぜ猫語??

 

エマちゃんと離れがたく、試飲をさせていただきました。

SONY DSC

SONY DSC

やっぱり、飲み比べないとね。勉強だし。

 

まずは、数本を購入し、いざ「ぶどうの丘」へ。

 

「ぶどうの丘」は、甲州市が運営する観光施設で
宿泊施設、温泉、レストラン、ワインカーヴなどがあります。

ぶどうの実るこのシーズン、
なかなか宿泊の予約がとれないそうです。

 

チェックインをして、さっそく向かうのは本丸
地下のワインカーヴ!!
ここで、メイトさんと合流です。

SONY DSC

甲州市推奨のワインが約200種銘柄揃っています。

SONY DSC

1,100円でタートヴァンを購入すると

SONY DSC

地下のワインが飲み放題・・・・じゃなくて
「試飲」 できます。

SONY DSC

後ろのタートヴァンの説明に
「飲み過ぎには十分注意してください」
との注意書きが・・・・(汗)

どのくらい「試飲」したかは、ご想像にお任せして
ここでも、お気に入りのワインを数本。

『まだ買うの?』というオーナーの視線が痛い・・・。

 

夜は、メイトさんとそのお仲間のみなさんと
ビール→ワイン で お喋り。

楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

翌日も快晴!!

朝ごはんのバイキングでぶどうを沢山食べたあとは

「ワイングラス館」へ。

SONY DSC

ワイングラスやワイングッズ、
ガラスのアクセサリーなどを見学しました。

 

ここでメイトさんとお仲間たちとはお別れし
石和温泉方面へドライブ。

市内は、ぶどう棚でいっぱいです。

SONY DSC

 

石和温泉の目的地は「三角屋」さん。

SONY DSC

地元の人気ラーメン店です。

SONY DSC

ラーメンと

SONY DSC

肉めし(馬肉)をいただきました。

 

そして、黄桃やぶどうを入手し帰路に。

SONY DSC

SONY DSC

 

帰ってきた日の夕餉

 

SONY DSC

さっそく、買ってきたワインで、旅の余韻にひたります。

つまみには、山梨ワイントンのベーコンと、野菜のグリル。

 

今回の旅も、楽しくて美味しかった~!!

お誘いくださったメイトさん、ありがとうございました!!

 

夏休み 充電編

8月のお休み期間中
遊びほうけて放電しっぱなし・・・というわけではなくて

今年も充電(勉強)に行ってきましたよ~。

 

都内某所へ、3日間の講習と実習に参加してきました。

 

1日目は、イタリア料理です。

シチリア名物 「いわしのマリネ」
11

冷やした白ワインと一緒に食べたい!!

 

「ラディッキオとアマローネワインのリゾット」
12

こちらは、ベネト特産のラディッキオと
ベネトのアマローネワインを使ったリゾット。
お米もベネトのヴィアローネ・ナーノ種を使います。

 

「生ハムを巻いたスカンピのソテー」
13

火の通し方がポイント。

 

「鴨胸肉のソテー ペヴェラーダ・ソース」
14

鶏レバーとソップレッサ、アンチョビの入ったソース
濃厚かと思いきや、ワイン酢の風味がさっぱりと美味しいです。

 

ドルチェは「砂のケーキ」
15

砂って・・・・!?
これは、いつか餉でご紹介するので、お楽しみに。

1日目から、すごいボリュームの献立でした。

3日間の試食。体重が怖い・・・・。

 

 

2日目 フランス料理

 

「ラングスティーヌときのこのパートフィロ包み」
21

ラングスティーヌの殻で作るソースが大好物。

まずは、ラングスティーヌとパートフィロを
ぽちっとお取り寄せしなくちゃ。

 

「リ・ド・ヴォのプロシュット ソースポルト」

22

だれ~?焼き鳥って言ったの。

リ・ド・ヴォは仔牛の胸腺。
成長すると無くなってしまう希少部位です。

 

デザートは、「グリオットのクラフティ」
23

グリオットは、サクランボをキルシュやシロップで漬けたもの。
これを、食パン入りの生地に混ぜ込んで焼いたお菓子です。

 

2日目は、バターや生クリームたっぷりのお料理でした。

カロリー??忘れましょう・・・。

 

 

最終日は、丸鶏を一人1羽ずつ処理します。

丸鶏の画像は、タイムラインでご報告済なので
ここでは控えますね。

 

その鶏肉を使ってお料理を作ります。

 

「鶏肉のコンソメ」
31

丁寧にとったコンソメをジュレにして、パスタを添えます。
コンソメ、絶品です!!

 

「アスパラガスと鶏肉のストラッチ」
32

手打ちパスタ作り、大好き!

ストラッチは、イタリア語で「布切れ」と言う意味だそうです。

 

「鶏のブイヤベース」
33

ブイヤベースというと、魚介が一般的ですが
鶏肉をも美味しいです。

添えた野菜は、ニース風サラダを小さく組み立てたもの。
フランス料理って、繊細ですね。

 

デザートは「シュトゥルーデル」

34

 

練った生地を、薄~く大きく伸ばして
詰め物を巻き込みます。

35

36

粉練り大好き人としては、この生地作りはたまりません。

秋のお菓子コースでご紹介したくて
作りやすいレシピを研究中です!

 

今回も、たいへん有意義な3日間でした。

食材的に難しいものが多いですが、
何らかの形で、みなさんにもご紹介したいです。

以上、「ちゃんと勉強してきたよ~!!」のご報告でした。